News

fabbit・NVCCファンド1周年記念イベント ~シードスタートアップ資金調達の鍵~ にご参加いただきありがとうございました

11月11日(月)にfabbit・NVCCスタートアップファンドの設立1周年を記念したイベント『シードスタートアップ資金調達の鍵』がfabbit Global Gateway “Otemachi”にて開催されました。

日本ベンチャーキャピタル株式会社(以下NVCC)代表取締役会長 奥原主一氏とfabbit株式会社代表取締役社長 田中保成の挨拶で本イベントは幕を開けました。

NVCC奥原会長
NVCC奥原会長
fabbit田中社長
fabbit田中社長

前半では、パネルディスカッションとして、fabbit・NVCCファンドより出資を受けたスタートアップ3社及び、先輩上場企業であるビープラッツ株式会社代表取締役社長 藤田健治氏、及びNVCC執行役員/ベンチャーキャピタリストの照沼大氏にご登壇いただきました。

会場からも多くの質問が寄せられ、資金調達のタイミングやVCとの関わり方、投資家からの目線について熱い議論が交わされました。

シードスタートアップの各社は、資金調達を考えたタイミングがそれぞれサービスが動き出したタイミングだったことや、NVCCより出資を受けるきっかけが様々な人のつながりであったことなど共通点が多くみられました。また、スタートアップ側にとって自社のビジネスを理解してくれ、様々な観点から応援してくれるVCと付き合っていきたいというコメントが寄せられました。

スタートアップとVCとの最初の接点となるピッチについては、投資家側からの目線として、最初の第一印象は重要だが、それだけでなくその後のQ&A等を通して事業への熱量や理解がどれだけあるかについて意識をしていると照沼氏よりコメントいただきました。

先輩上場企業である藤田氏からは、シード期にNVCCより出資を受け、その時から担当キャピタリストとして支援してきた照沼氏との、苦楽を共に乗り越えてきたエピソードやその結果として2018年に東証マザーズ上場までたどり着いた経験談については、会場からも熱い視線が送られていました。

後半は、NVCC西日本支社担当部長の篠原進氏より、「ファンドの紹介、NVCCの応援事例について」と題して、NVCCのこれまでのファンド組成実績や組織体制の概要についてお話しいただくとともに、スタートアップのフェーズごとの支援体制や具体的な投資先の支援事例についてのご紹介をいただきました。よりNVCCや当fabbit・NVCCスタートアップファンドを身近に感じていただける機会となりました。

講演のあとに行われたネットワーキングパーティは登壇会場では講師陣も参加され、盛んに名刺交換が行われ、会場は熱気に包まれたまま終会となりました。

English English 简体中文 简体中文 日本語 日本語