News

3月26日(火)fabbit Conference -ヨーロッパから見た日本マーケットの魅力と課題-にご来場いただき、ありがとうございました。

326日(火)東京は、春めいてきたものの寒さを感じる一日でした。

fabbit Conference -ヨーロッパから見た日本マーケットの魅力と課題-は、グローバルゲートウェイシリーズ第2弾として、fabbit Global Gateway “Otemachi”会場をメインの会場として行われました。すでにヨーロッパ諸国へ事業を展開し始めた企業経営者、この機会を活かして、ヨーロッパ諸国への事業展開を目指すスタートアップの経営者など、多くの参加者で賑わいました。

LIVE中継先の青山、八王子、栄、大阪、広島、福岡、小倉、フィリピンの計9会場で150名と多くの方に来場いただきました。

 

第一部は、様々な外資系企業や日本企業の経営コンサルティング、また複数のスタートアップの経営や投資を行っている、アヴェンタ株式会社 代表取締役/PDIE(ピーディーアイイー) FounderChristian Schmitz(クリスチャン シュミッツ)氏が登壇し、ヨーロッパから見た日本のスタートアップエコシステムについて講演を行いました。スタートアップ企業の成功例と失敗例を紹介したり、日本のサラリーマン文化について触れたりするなど、内容の濃い講演となりました。

 

第二部は、日本企業にヨーロッパのビジネス機会と成長を紹介するKUUMERI CO.(クーメリ)Global Growth Strategy Advisor, CEOのJarkko Jussila(ヤーコ・ユッシラ)氏、革新的な血液分析技術を事業として展開するNightingale Health

Business ManagerのIda Tuononen(イーダ・トゥオノネン)氏、世界34都市に拠点を持ち開発者、起業家、プロジェクトマネージャー、フリーランサーを目指す、多様な職種、経験を持つ人が集まるコーディングブートキャンプを開催するLe Wagon Japan Director Sylvain Pierre(シルバイン・ピエール)氏、の三方によるパネルディスカッションが行われました。

 日本のスタートアップ市場が閉鎖的であるといった問題や、日本のスタートアップ企業はセールスとマーケティングが弱いという問題が挙がるなど、議論が白熱しました。

 

第三部は毎月恒例の上場企業セミナーとして、モバイルオンラインゲームの企画、開発、運営を行う、KLab(クラブ)株式会社 取締役会長 真田 哲弥氏に上場までのいきさつとこれからについて講演いただきました。

資料に頼らず、言葉で伝えることにこだわった、圧巻の講演となりました。

 

QRコードによる質問入力フォームも活用され、全国の会場からたくさんの質問をいただき、ありがとうございました。

講演のあとに行われたネットワーキングパーティは登壇会場では講師陣も参加され、働き方改革についての取り組みの情報交換がされるなど、自身のビジネスについて大いに語り合いました。また、名刺交換をきっかけとして参加者の輪が広がり、会場は熱気に包まれたまま終会となりました。

次回は、グローバルゲートウェイシリーズ第3弾として

4月23日(火)fabbit Conference ―アメリカで起業に挑む―を開催いたします。

当日は大手町・青山・栄・大阪本町・広島・福岡・小倉・マニラをLIVE中継でお繋ぎいたしますのでどうぞお近くの会場でお楽しみ下さい

http://fabbit.co.jp/event/fabbit-conference-20190423/

 

English English 简体中文 简体中文 日本語 日本語