京都から世界へ 電気自動車ベンチャーの挑戦

京都には世界で活躍するテクノロジー企業が集積しています。これら企業の技術を集めれば電気自動車の基幹システムがすべてそろうと言われていました。1996年、自由の学風で知られる京都大学のベンチャー・ビジネス・ラボラトリーで発足した「京都電気自動車プロジェクト」は、京都のテクノロジー企業と大学の研究を結びつけ、様々な要素技術の研究・開発を行ってきました。GLMはこのプロジェクトの技術・企業ネットワークを継承し、2010年に事業化いたしました。 水平分業型ビジネスモデルによる、あたらしいものづくりのはじまりです。 GLMが少量生産のスポーツカーを生み出せたことは小さな一歩です。しかし、この一歩は世界を変える大きな一歩になります。 GLMの処女作であるスポーツEV「トミーカイラZZ」を生み出した時の開発チームはたった7人でした。これが実現できたのは、部品提供や開発、生産、販売、アフターサービスを支援してくれる100社以上の優れた企業が集まってくれたからです。この輪は今日も拡大し続けています。

「ファブレス自動車メーカー」「EVのプラットフォーム化」など、革新的なビジョンで事業を展開するGLM社。業界に関わらず、革新的なビジネスを志す方には是非ご参加いただきたいセミナーです。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00