EVENT

2019年10月8日 レガシー大企業がスタートアップ投資から学んだ「バッドノウハウ」を大公開

イベント説明

日本においても事業会社がCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を立ち上げ、スタートアップ投資を本格化するケースが増えています。しかしながら、スタートアップ投資におけるノウハウや失敗談を事例から学ぶ機会が極めて少なく、投資業務や人材教育に課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

この度、ケップルアカデミーでは、CVCキャピタリストの集いの場、その名も「CVCナイト」を実施することとなりました。

記念すべき第1回目は、朝日メディアラボベンチャーズの山田正美氏に全面協力していただきます。CVC設立や運営における「失敗談」そして、そこから学んだ「バッドノウハウ」をお話していただきます。

日本の伝統的な大企業がスタートアップ投資に進出し、本体からのプリンシパル投資、そして、CVC設立。さらには、2号ファンドの立ち上げを計画するまでに成長する中で、自身で経験されたことを余すところなく公開していただきます。

山田氏の講演に続き、元NHN CAPITALのベンチャーキャピタリストで、現ケップルアカデミー総合プロデューサーの藤原弘之とのファイヤーサイドチャットも実施。陥りがちな「CVCあるある」について切り込んでいきます。


■このような方におすすめです
・CVCのベンチャーキャピタリスト
・今後CVCを立ち上げる予定、または検討中の事業会社投資部門
・CVCの考え方や業務を理解しておきたいスタートアップ経営幹部


■登壇者
山田正美 氏
朝日メディアラボベンチャーズ 投資担当ディレクター

2001年朝日新聞社入社。2007年からデジタル事業部門でサ ーバーサイドのエンジニアとして、CMS開発やWebメディアの制作に従事。2013年に新設され た新規事業部門メディアラボでベンチャー投資、アクセラレータープログラムの運営を担当し、2017年から、朝日メディアラボベンチャー投資担当ディレクター。


藤原弘之
ケップルアカデミー 総合プロデューサー

TIS、アクセンチュアを経て、2012年にGlobis Capital Partners出資先スタートアップへ転じExitを目指して奮闘。およそ2年後、当時LINEと分社化したばかりのNHNグループへの売却によりExitを達成し、GCPにも大きなキャピタルゲインをもたらす。2014年、NHN JAPANへの転籍後、新規事業開発・M&A担当GM・財務部門兼務等を経て、NHN CAPITALでベンチャーキャピタリストとして従事。同社投資先のスタートアップ7社全てを担当した。2019年6月、NHNの投資事業撤退に伴いKEPPLEに参画し現在に至る。


■概要
日時:2019年10月8日(火)19時〜20時30分(開場:18時30分)
場所:fabbit大手町(東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル3階)
対象者:ベンチャーキャピタリスト / 事業会社の投資部門担当者 / スタートアップの経営者
定員:50名
受講料:3,000円(税込)
持ち物:名刺
主催:KEPPLE ACADEMY(株式会社ケップル)
応募締切:2019年10月8日(火)18時
備考:
・営業目的や競合他社と思われる方、その他対象者に該当しない場合、ご参加をお断りする場合がございます。
・チケットのキャンセルは出来かねますのでご了承ください。また、社外へのチケットの譲渡はご遠慮ください。
・プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
・来場されましたら受付にて名刺をご提示ください。


■主催者
KEPPLE ACADEMY|株式会社ケップル
「正しく、学ぼう。」をテーマに、スタートアップやベンチャー投資家のための学びの場を提供する。成長を加速させるために必要な知識・情報の獲得はもちろん、人的ネットワークの構築まで全面的にサポート。

English English 简体中文 简体中文 日本語 日本語