EVENT

2020年11月5日 「国内屈指のスタートアップ都市」神戸の魅力を語る!

イベント説明

11月5日(木)18時から、「『国内屈指のスタートアップ都市』神戸の魅力を語る!」と題したイベントをfabbit神戸三宮で開催します。同イベントは、オンラインでも配信する予定です。

兵庫県神戸市は、起業家を自然と生み出す仕組みを構築することを目指し、ITを活用した成長型起業家(スタートアップ)の支援を行っています。今年7月14日には、神戸を含む関西地区が、内閣府からスタートアップ企業が成長しやすい環境を整備する「グローバル拠点都市」に選定されるなど、情報通信分野を中心に起業家育成のエコシステム構築を目指しています。また、世界的に活動するスタートアップのアクセラレータである500 Startupsとの連携した起業家育成プログラムを提供し、世界各国のスタートアップが参加するなど、世界と伍するスタートアップエコシステム拠点都市としての存在感が高まっています。

fabbitでは、スタートアップ都市として注目を集める「神戸市」に焦点を当て、起業家がどのようなメリットを享受できるのか、行政、投資会社、そして実際にビジネスを行うスタートアップ企業が登壇し、その魅力について語ります。

イベント中は参加者からの質問をZoom内で随時受け付けておりますので、ぜひご参加ください。

開催概要

開催日時
2020年11月5日(木) 18:00~20:00
参加費
無料(事前申込制)
開催形式
オンライン(ZOOM)
備考
fabbit神戸三宮会場でのご参加は定員に達したので締切ました。オンライン配信でお申込みください。

武田 卓 氏

神戸市企画調整局 医療・新産業本部 新産業課長

2001年神戸市採用。行財政局、保健福祉局、企画調整局、環境局等を歴任。神戸アイセンターの立ち上げや病院の統合、福祉現場の最前線、ごみ収集体制の効率化などの業務を経験。
2019年に様々な行政課題解決のための改善策を検討し、関係部署や官民の間の「つなぎ」と、連携強化を進めながら課題解決に導く専門部署「つなぐ課」の特命課長として着任。
2020年より医療・新産業本部新産業課長に着任。「500 KOBE ACCELERATOR」、「Urban Innovation KOBE」事業や、「UNOPS Global Innovation Center」との連携など神戸市のスタートアップ育成・集積の推進を図る。

熊野 正樹 氏

神戸大学 産官学連携本部 教授

1973年富山県生まれ。
同志社大学商学部卒業、同大学院商学研究科博士課程後期退学。博士(商学)。
銀行、コンサルティング会社、TV番組制作会社、 IT上場ベンチャーを経て2005年に起業。同志社大学商学部専任講師、崇城大学総合教育センター准教授、九州大学 学術研究・産学官連携本部准教授を 歴任。2016年6月より現職。九州大学起業部顧問、九州大学客員教授、福岡市国家戦略特区指定法人評価委員会委員長。CQ ベンチャーズ投資委員。一般社団法人QU Ventures代表理事。経済産業省「University Venture Grand Prix 2015 」最優秀教員賞受賞。内閣府「第2回日本オープンイノベーション大賞」文部科学大臣賞受賞(2020)。

大出 歩美 氏

500 Startups Japan Country Lead

世界で最もアクティブなアクセラレーターおよびシード投資を行うベンチャーキャピタル500 Startupsの日本責任者。
日本における大企業のオープンイノベーション活動とスタートアップエコシステム構築の支援に従事。
新卒で創業半年の教育系スタートアップに第一号社員として入社。
創業社長と共に、新規事業、企業・事業戦略、企画、営業、運営、マーケティング、人事、経理、IT等企業経営全般に従事。その後、クラウドサービスを手掛けるITスタートアップに創業社長の右腕として入社し、新規事業、組織戦略、グローバル事業等を担当。
コロンビア大学経営大学院(MBA)、コロンビア大学バーナードカレッジ卒業。

鴻池 善彦 氏

株式会社T-ICU

2009年山口大学医学部卒。久留米大学病院で初期臨床研修を終え、同院小児科で小児科専門医を取得。その後、同院救命救急センター、東京都立小児総合医療センター 小児集中治療科、兵庫県立こども病院 小児集中治療科で研鑽を積み、集中治療専門医を取得した。
遠隔集中治療を提供する株式会社T-ICUには創業初期から関わり、2020年4月に同社に入社。「最高水準の医療を世界に届ける」をミッションに、創業者・CEO 中西と同じ想いで同サービスの普及に努めている。一方で今も臨床の場に携わっており、ベンチャー企業の一員として、医師として二足のわらじを続けている。

⻑沼 ⻫寿 氏

ACALL株式会社 代表取締役

神戸大学経営学部卒。2004年より日本IBMでITエンジニアおよび金融市場向けIBMグローバルソフトウェアの日本国内でのコンサルティングセールス職等を経験。その後、空間デザイン専門学校を経て、2010年にACALL株式会社を設立。
企業向けソフトウェア開発事業、メンタルヘルスwebサービス事業等を経て、
2015年に自社のはたらき方を改善するために開発した仕組みをもとに現事業を開始。

塩谷 愛 氏

株式会社パソナグループ 成長戦略本部 事業開発ディレクター

大学時代から学生起業家として、京都の伝統産業再生プロジェクトや起業家育成事業を立ち上げ。その後、ベネッセコーポレーションでネット系新規事業の立ち上げ後、ベネッセホールディングスに異動し経営企画・R&D部隊でオープンイノベーションを担当。 渋谷でEdTech分野のコワーキングの運営後、2016年に富士通入社し、オープンイノベーションを通じて新しいビジネスを生みだすため、富士通アクセレータプログラムの立ち上げに尽力。 その後2018年よりセキュリティスタートアップCapy(キャピー)に参画し、事業開発をリード。コワーキングスペースfabbitのエコシステム形成や、複数社のアクセラレータプログラムの裏方や、メンターを担いつつ、世の中をアップデートする活動をプロジェクトベースで実践開発中。現在は、パソナグループの新規事業を具現化中。京都出身。

那珂 通雅 氏

モデレーター

元シティグループ証券副社長、一橋大学大学院 非常勤講師、慶応義塾大学 講師

慶應義塾大学理工学部卒業し、1989年に理工学研究科工学修士取得。卒業後はソロモン・ブラザーズアジア証券に入社し、トップセールスマンとして活躍。その後、シティグループ証券の取締役副社長に昇格。2010年に同社退社後、ストームハーバー証券株式会社を設立。
2016年にエンジェル投資を主体とするボードウォーク・キャピタル株式会社を設立。
株式会社ベクトル、株式会社ビジョン、株式会社アイスタイル 、株式会社ジーニーなどの成長著しい上場会社の、社外取締役も務めながら、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科および一橋大学大学院の非常勤講師も務める。著書に『世界で勝つグローバル人材の条件』(幻冬舎)がある。

English English 简体中文 简体中文 日本語 日本語