2018年6月29日〜7月1日 Startup Weekend 北九州 vol.3

◆第3回開催決定!新規事業を立ち上げる起業体験イベント
第3回のテーマは「Make!!」。一緒にアイディアを形にしていきましょう!

週末3日間が、あなたの人生を変えるきっかけに!
新規事業を立ち上げたい方、起業体験を積みたい方、
仲間を集めたい方、スタートアップに興味ある方、
一歩先へと歩みを進めてみましょう!

◆スタートアップウィークエンドってなに?
スタートアップウィークエンド(SW)とは、
あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。

週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、
スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは、1日目の夜にみんながアイディアを発表するピッチから始まります。

そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、
ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。

ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、
デザイナーは使いやすいデザインを担当します。

特定の知識・スキルがなくとも、アイディアがあれば問題ありません。
もちろん、アイディアがなくともエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしての
スキルがあれば、チームで活躍することができ、プロダクトを作成し、スタートアップをリアルに体験することができます!
実際にイベントでは、エンジニア・デザイナーがキーマンとなっているケースもあります。
過半数の方々が一人で初めて参加する方々ですので、初めての方も心配はいりません。

【審査員】

岡林 千夫 氏

安川電機 みらい館 館長
1957年高知県生まれ。山口大学工学部卒業後、1981年㈱安川電機入社し、産業用ロボットの制御ソフトウェア開発に従事。
1980年代から2000年代にかけての延べ16年間のドイツ、スウェーデン駐在を経験しながら、産業用ロボットの開発、マーケティングに携わる。
2015年、安川電機創立100周年を記念してオープンしたロボット村の安川電機みらい館館長に就任。

【審査員】

小田 典史 氏

第一交通産業株式会社 企画調整室 室長
第一交通産業のなんでも屋。ピンチは超チャンスと猪突猛進で行動します。
社内システム部も兼任しており、オープンソースを駆使し、社内システムを構築。
使いやすいシステムとは?作りやすいシステムとは?と自問自答する日々を送っています。

【審査員】

林 秀美 氏

㈱コンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長
1951年生まれ。福岡県出身。1974年慶応義塾大学法学部卒業後、株式会社ゼンリンに入社。
1982年よりデジタル地図、カーナビゲーション地図の開発に従事するとともに2000年には㈱ゼンリンデータコムを設立し代表取締役に就任。日本初の携帯電話での地図サービスを開発した。2001年ゼンリン代表取締役副社長。2007年ゼンリンデータコム会長などを歴任するかたわら2008年から7年間北九州市立大学大学院マネジメント研究科教授として「戦略的提携と新規事業創造」の講義などをおこなっている。
2015年㈱コンピュータサイエンス研究所を設立し「ヒトと機械の自由な会話を実現する自然言語処理エンジンの開発」に取り組む。
現在は「視覚障碍者のナビゲーションシステム(盲導犬ロボット)の開発」なども手掛けている。ゼンリンデータコム顧問、シーズラボ顧問、セグウェイジャパンシニアアドバイザ、東京大学ITSセンター研究顧問など。

【コーチ Coach】

清永 誠元 氏

(株)ヒューマンリソース・デベロップメント 代表取締役
至誠塾 塾長
九州工業大学 客員教授
中小企業大学校 講師

1962年北九州生れの55歳。早稲田大学大学院情報生産システム研究科修士(工学)。
大手半導体関連企業での製造、品質管理、営業を経験。その後、人材派遣や空調工事、船大工見習いを経て地元金属加工業で26年勤務。多角経営に失敗した同社の再建を託され33歳で経営参画。
独自の「人づくり・やる気づくり・生産管理と品質管理強化・技術開発」を中心とした中長期経営計画を実践。自動車産業への参入を果たし、オーナー家へ事業継承後独立。52歳で人材育成を目的とした㈱ヒューマンリソース・デベロップメントを設立。
2015年6月に『至誠塾』を立ち上げ、中小企業経営者を中心に独自の事業戦略と人中心の経営を指導中。迫力と情熱溢れる講義は中小企業大学校をはじめ、大学や各種セミナー等で高い評価を受けている。

【コーチ Coach】

神門 拓 氏

株式会社プロフェッショナルパートナーズ 代表取締役
IK法律事務所 法務経営戦略担当コンサルタント
1978年生まれ福井県出身。九州大学法学部卒業。
学生時代に5名で有限会社を設立。リストラ対策と人材流動化促進、ウェブによる販促支援事業を中心とした中小企業向けコンサルティング事業を開始。その後、上記事業を大手人材派遣会社に引継ぎ、より高度で実践的な法務を学ぶために大学院へ進学。
その後、パートナーの弁護士とともに法律事務所を設立・運営に携わる。法律事務所の業務に関連する形でコンサルティングサービスを提供していたが、サービスの提供内容が人材の採用・育成、財務状況の改善、IoTシステムの導入支援など多岐に渡るため、コンサルティング部門を独立させ、法人化。
現在、主に創業期と発展期の企業を対象としたコンサルティングサービスを展開している。

【コーチ Coach】

坂部 好則 氏

有限会社ICSSAKABE 代表取締役
1971年生まれ。専門学校で電子工学を学び、物流機器メーカ社員として海外で自動車生産設備立上げに従事。2003年ICSSAKABE設立、生産ライン自動化のスペシャリストとして、中小企業への産業ロボット導入に注力。
現在2歳の子持ちパパになり、育メン経営者として毎日を楽しんでいます。

【コーチ Coach】

本山 晴子 氏

有限会社コ・リード 代表取締役
CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
九州工業大学情報工学部卒業後、インターネット黎明期のプロバイダーとWEBコンサルティング会社勤務を経て、コーチングと出会い2002年独立。
コーチング研修事業のほか、2014年からシェアオフィス「ダイヤモンドシェア」を運営し、創業まもない人のビジネスが発展するよう支援している。
ウーマンワークカフェ北九州でも創業相談を担当し、これまでに100名以上の個別相談にのっている。

【スタッフ】
〈ファシリテーター Facilitator〉

今村 鮎子 氏

2015年、情報科学専門学校在学中にSWを知り、”就活のネタ作りに”とSW横浜3に初参加。自分に出来る事の少なさ、チームの力になれない悔しさを感じ、半年後のSW横浜4にも参加。2回の参加を経て、”運営側からSWを見てみたい”と思い、翌年社会人になると同時にオーガナイザーになる。
横浜をはじめ、東京でのイベント開催にも関わるようになり、仕事の傍ら数々のSW運営に参画。また、開催中の3日間はフォトグラファーとしても活動。オーガナイザーをしていく中で”SWとは何か” ”自分がSWで出来る事は何か”を考えたことがキッカケとなり、SW公認研修を経て2017年にファシリテーターとなる。

【スタッフ】
〈リードオーガナイザー Lead Organizer〉

辻 貴美花 氏

合同会社Next Technology Administrative Manager
北九州工業高等専門学校 機械工学科出身の21歳。学生時代から学発ベンチャーNext Technologyの一員として活動しており、北九州で初開催となったStartup Weekend 北九州にオーガナイザーとして参画。あしのにおいを嗅いでくさいと気絶してしまう「はなちゃん」を多くのメディアで紹介し、女性や子どもに親しみやすいロボットの普及に取り組んでいる。また、北九州工業高等専門学校内にあるファブスペース高専ファブラボ北九州を運営している。

【スタッフ】
〈オーガナイザー Organizer〉

曽山 乃明

北九州工業高等専門学校 生産デザイン工学科 2年
2001年生まれ。北九州工業高等専門学校の2年生、16歳。企業との共同製品開発等を手掛けるものづくり課外活動組織「高専FabLab」に所属しており、有名なにおい計測犬型ロボット「はなちゃん」の制作にも携わった。
起業に強く関心を持ち、第1回スタートアップウィークエンド北九州の参加をはじめとする様々な活動を行っている。第1回では自らピッチをしリーダーとなってチームを動かし、第2回ではリードオーガナイザーを務めた。

【スタッフ】

日高 莉那 氏

北九州市立大学 外国語学部 英米学科 3年
出身は宮崎で、チキン南蛮が大好きです!
大学では、英語を専攻していて、サークルでは英語でディベートをやっています。「日々成長」をモットーに、頑張りたいと思っています!
前回の第二回のスタートアップウィークエンドに初めて参加し、刺激を受けました。今回はもっと多くの人に参加してもらいたいという思いからオーガナイザーに挑戦しています。
好きな色は赤で、パワフルに頑張っていきたいと思っています!

【スタッフ】

前原 和樹 氏

下関市立大学 経済学部 経済学科 3年
21歳の大学生。風変わりなものには目が無く、最近はPBL、シンガポールでのインターンシップ、皇居勤労奉仕等に参じていました。地元岡山で子供に学ぶ楽しさを見つけて貰えるような塾を開こうと考えており、日々勉強中です。

【スタッフ】

久木田 ちえ 氏

くくる舎代表。
地元IT企業を経て、企業支援やコンサルティングに従事。子どもから大人まで各世代のプログラミング教育やデジタルを使ったモノづくりイベントの企画運営を行う。北九州生まれIT育ち、スタートアップなヤツはだいたい友達☆彡

【スタッフ】

桒取 剛総 氏

運輸業
ストレススイーパー
港湾代理店(フェリー会社の港店)、複写業(図面等の紙・データの複写と加工)、旅行代理店(営業と添乗)、運輸業。これらの仕事をしてきましたが、現在は若者の成長のための支援をしたくて、第二回StartupWeekend北九州で表彰された “ はばたけ若者JAPAN ” プロジェクトのCCO(Chief Circumstance Officer)として、歩みは小さいですが、頑張っています。

【スタッフ】

端田 綾子 氏

北九州銀行 営業統括部 地域開発支援グループ
山口県山口市出身。北九州市に住み始めて約3年。
スタートアップウィークエンド北九州第1,2回に参加。よく笑い、よく食べる。
銀行員らしくない銀行員を目指している。

【スタッフ】

蓮本 浩介 氏

北九州市立大学 地域創生学群 特任教員
減災・福祉パートナーズ 代表
阪神淡路大震災を機に災害支援業務に携わり、以後、地域防災・復興支援などをに取り組む。2011年に減災・福祉パートナーズを設立し、消防大学校はじめ自治体・企業等での研修、コンサルティングを行っている。2017年4月より市立大教員として北九州に移住。九州でも面白いことを始めたい40代。

【スタッフ】

福田 紗矢佳 氏

ワクワクヒーリングスペース「アロマーニャ。」 代表
『ワクワクは世界を救う』をモットーに生きている自由人。
ワクワクセラピスト兼ワクワクアドバイザー。
心と身体、意識も癒やして世界にイノベーションを起こすのが使命だと、勝手に思いこんでいる中二病ぎみの不惑(40代)。
座右の銘は「Don't think,feel!」、「This is me!」

開催概要

主催
Startup Weekend
開催日時
2018年6月29日〜7月1日
参加費
・3日間[早割]チケット (5/31 23:55 締切) 5,000円 前払い【受付終了】
・3日間〔高校/高専割〕チケット 2,000円 前払い 申込締切 6月28日 23:55
・3日間[大学/大学院割]チケット 4,000円 前払い 申込締切 6月28日 23:55
・3日間[通常]チケット 7,000円 前払い 申込締切 6月29日 23:55
・最終日「発表見学+パーティ参加」チケット 2,000円 前払い 申込締切 7月1日 15:00
注意事項
開催期間中は、5食(金曜日の夜、土曜日の昼と夜、日曜日の昼と夜)と飲料が付きます。
キャンセルに伴う返金は、6月22日(金)23:55 まで受け付け致します。
(Paypal/銀行振込手数料を引いて返金します)
それ以降は、食事人数の確定等により返金できかねますのでご了承ください。
3日間全て参加することが望ましいですが、過去にも諸事情で一時的に抜けられるケースがございます。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00