2018年12月20日 地方企業のためのSDGs入門セミナー

「持続可能な開発目標(SDGs=Sustainable Development GOALs)」が国際的に重要なトレンドとなる中、日本企業、特に中小企業の認知は必ずしも十分ではありません。環境、社会、基本的人権などに配慮したビジネス慣行を奨励または強制するSDGs型ルールは増加傾向にあり、バリューチェーンの一端を担う中小企業にとっても、アンテナを高くしておかないと思わぬリスクに遭遇する可能性が生じています。
 日本政府においても総理大臣をヘッドにSDGs推進が行われており、広島県は、2018年6月に「SDGs未来都市」の一つに認定されました。SDGsが主流化する競争環境の変化を踏まえ、ビジネス獲得の″攻め″、リスク管理の″守り″の観点から戦略的に捉えていくことの重要性を「SDGs未来都市」広島において開設いたします。

ジェトロ知的財産・イノベーション部
貿易制度課 課長

河野 敬 氏

コーディネーター

アジア経済研究所 新領域研究センター
上席主任調査研究員

佐藤 寛 氏

1981年、ジェトロ・アジア経済研究所入所。1985~87年、イエメン・アラブ共和国(当時)サナア大学客員研究員(海外派遣員)。1997~99年、イエメン共和国サナア大学客員研究員兼保健大臣アドバイザー(海外調査員)。2006年、開発研究センター専任調査役。2007~09年、研究支援部長。2009~10年、貿易開発部上席主任調査研究員。2010年、海外調査部上席主任調査研究員。2010~11年、海外調査員(ブライトン) 。2011~12年、国際交流・研修室 室長/開発スクール(IDEAS)事務局長。2012~14年、研究企画部長。2014~15年、研究企画部上席主任調査研究員。2015年~現職(新領域研究センター上席主任調査研究員)

ジェトロ新輸出大国コンソーシアムエキスパート
真和総合法律事務所

髙橋 大祐 氏

弁護士として、企業・金融機関に対し、グローバルコンプライアンス・サステナビリティ・危機管理に関する案件対応等を担当するほか、海外進出先の子会社・サプライチェーンでの労働・環境・人権・腐敗防止などに関するコンプライアンス・リスク管理をサポートしている。日弁連の弁護士業務改革委員会CSRと内部統制プロジェクトチーム副座⾧として、日弁連「人権デューデリジェンスのためのガイダンス(手引)」及びCSRモデル条項、「海外贈賄防止ガイダンス(手引)」の策定などにかかわる。関連著書多数。ジェトロ・アジア経済研究所「ビジネスと人権」研究会委員。

開催概要

開催日時
2018年12月20日(木)13:30~16:30(13:00開場)
参加費
無料
備考
【定員】40名 ※先着順
【申込期限】12月18日(火)17:00
※定員に達し次第、申込を終了させていただきます。

タイムスケジュール

開始時間 終了時間 内容 スピーカー

13:30

14:15

「SDGsって何?誰が関係するもの?」

ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター 上席主任調査研究員 佐藤 寛 氏

14:15

15:00

持続可能な中小企業経営 ―他人事でない人権、労働、調達、環境、腐敗防止―」

ジェトロ新輸出大国コンソ―シアムエキスパート、真和総合法律事務所 高橋 大祐 氏

15:15

16:30

テーマ「持続可能なビジネスに向けた機会とリスク」

パネルディスカッション

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00