第一次産業のブランディング戦略

福岡県糸島市で発足したハンドボールチーム「フレッサ福岡」の支援を創業目的の一つとし、糸島産の青果をはじめ、九州産の果物を販売するHigh Speed Green。「糸島野菜」というブランド品の展開のみならず、多面的なアプローチを行っているのも特長です。たとえば中東エリアを中心とした海外輸出事業も手がけており、中東のトップシェフにも糸島産のあまおうを使っていただいているそうです。

また、「農業×アスリート」というコンセプトで昼は農業、夜に練習という実業団スタイルで運営される前出の「フレッサ福岡」の作る農産物も取り扱い、農業で捻出する人件費とは一線を画す運営費の獲得方法も提案しています。

そんなアスリートたちの育てた農産物をいかにブランディングするのかなど、彼らのセカンドキャリアを見据えたブランド戦略について、同社の営業部長 前川氏がお話します。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00