グローバルビジネスをゼロから創出し、業界No1へと成長させたイノベーション戦略

1999年、インターネット革命の黎明期に創業したBEENOS(当時はネットプライス)。
翌2000年に国内初の共同購入方式によるEコマースサイト「ネットプライスギャザリングの投資によるグローバルネットワークで世界規模のビジネス展開をしています。
とりわけクロスボーダーEコマース事業がグループ全体の年間流通額の半分を占めるほど発展し、国内ECサイトの商品を海外に届けるサービス「転送コム」と「Buyee」では、海外発送数が業界最大規模を誇ります。
これら、ゼロからサービスを創り、国内通販サイトの海外売上(越境EC)拡大を支えてきた影の立役者であるBEENOSグループの歴史ならびにイノベーション戦略」をPCサイト上で開始し、2004年に東証マザーズへ上場。2016年に東証一部に市場変更した同社は、現在グループ15社、世界7ヵ国に拠点をもつグローバルインターネット企業として、創業時より培ったEコマースビジネスのノウハウと、11カ国・70社以上の企業へを、同社代表取締役社長の直井氏がご紹介します。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00