「経験0、資金0、能力わずか」でもIPOが出来た、わらしべ長者経営

世の中にない新しいサービスを創造する、という経営理念の下、小ロットにも対応したウェアラブル等の端末デバイスの受託開発、メンテナンスサポートといったIoTソリューションサービスや、アプリケーションシステムの開発、ホームページ制作等のIT業務サービスを展開するトランザスは、2017年8月9日、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場した注目の成長企業です。
同社は現代表取締役社長である藤吉氏が大学在学中に起業し、インターネットプロバイダー事業や映像配信機器の販売、システム受託開発など、次々と新規事業を展開してきました。そんな上場に至るまでの23年間の変遷を、藤吉氏がわらしべ長者経営と称してご紹介します。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00