IoT革命で急成長するシェアサイクルの未来

IoT革新により交通インフラの在り方も変わろうとしています。
特に「自転車」は、鉄道交通機関を下車した後の「目的地までのラストワンマイル」を充足させる短距離交通インフラとして、グローバルで注目されつつあります。
中国でシェアサイクルが爆発的に普及し、国内でも自転車活用推進法の施行を経て、手軽に乗れる「自転車」の活用が進んでいく市場の展望について、ソフトバンクグループの新規事業提案制度「SBイノベンチャー」を通じて設立されたOpenStreet株式会社では「短距離インフラをいかに構築していくか?」をIOT/ビッグデータ活用と合わせてご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 9 3 7 - 2 7 3
受付時間:平日 9:00~18:00