EVENT

2019年11月14日 fabbit Conference 全国大会 特別講演②『勝ち続ける経営(FCビジネス成功の鍵)』原田 泳幸氏

イベント説明

★☆満員御礼!本会場での受付は終了いたしました。
本会場へは事前申込をされた方のみがご入場いただけます。
本会場への飛込みでのご参加はできませんのでご了承くださいませ。

★☆名古屋・大阪・神戸・広島・福岡・フィリピンLIVE中継決定!

― “米国不動産業界のゲームチェンジャー”スペンサー・ラスコフ氏 来日講演!
― マクドナルド、ベネッセを飛躍させた「プロ経営者」原田泳幸氏の経営手法とは

fabbitは政府の提唱する「未来投資戦略2018」(旧「日本再興戦略2016」)の趣旨に賛同し、「スタートアップ企業」や「中小企業の第二創業」の支援を行って参りました。
現在、国内23ヵ所・国外22ヵ所の拠点を有し、約6,600名の会員にご利用いただいております。

fabbitでは、スタートアップ企業支援の一環として、毎月fabbit Conferenceを無料で開催し、その月々のテーマに関連の高い新進気鋭のスタートアップ企業社長のパネルディスカッションや近年上場を成し遂げた上場企業社長の講演をお聴きいただけ、ネットワーキングができる機会を提供しております。
今回は、2019年の締めくくりとして、日本、そして世界をリードする著名な経営者2名にご登壇いただき、起業やイノベーション創造についてご講演いただくことで、スタートアップ企業や中小企業の方々の参考にしていただきたく思います。結果的に、日本のスタートアップエコシステムのさらなる進展に貢献できれば嬉しく思います。

特別講演①:『Zillowの最新テクノロジーが不動産業界を変える』
Zillow Group 共同創設者 スペンサー・ラスコフ氏

創業後10年でアメリカ最大手の不動産会社にまで上り詰めたスペンサー・ラスコフ氏率いるzillow。インターネットの影響が比較的浸透していなかった不動産業界に目を付け、2011年にWeb上最大の不動産広告ネットワークを形成。今般、Zillow Group 共同創設者のスペンサー・ラスコフ氏がfabbit Conferenceのために来日し、自身のキャリアから“米国不動産業界のゲームチェンジャー”となるまでの軌跡や経営の哲学、そして日本の経営者へエールを送っていただきます。

特別講演②:『勝ち続ける経営(FCビジネス成功の鍵)』
元日本マクドナルド・ホールディングス 代表取締役会長 兼社長 兼CEO 原田泳幸氏

スティーブ・ジョブズを筆頭にアップル社歴代CEOと直接仕事をし、薫陶を受けた唯一の日本人である原田氏。7年連続マイナス成長の苦境に陥っていたマクドナルドのV字回復やベネッセでの組織改革による躍進など、日本を代表する大企業の業績回復とさらなる成長を成功に導いた原田氏による講演をお届けいたします。

開催概要

開催日時
2019年11月14日(木)15:20~17:15
参加費
無料
会場
ザ・プリンス パークタワー東京
参加資格
事前申込制(受付時はお名刺を頂戴しておりますので必ずご持参下さいませ)
備考
本会場は先着100名様限定となります。御希望の方はお早めに申込下さい。※本会場は受付終了いたしました。

原田 泳幸 氏

1948 年長崎県佐世保市生まれ。
研究開発職を経て1990 年にマーケティング部長としてアップルコンピュータージャパンに入社。米国本社のマーケティング担当VP を経て、同社が業績不振の中、1997 年日本に帰国し、日本法人の社長に就任、同時に米国本社の副社長も兼務。
事業基盤(販売店、SCMの変革)、組織リストラを推進、iMac を始めとする新商品発表で飛躍的な事業回復を成し遂げ、今日のアップルストア、量販店内のアップル販売コーナー、テレセールス、WEB セールスによる販売モデルを確立した。

スティーブ・ジョブズとは7 年間に渡り密接な連携を図り、アップルの戦略の企画と推進を行ったほか、ジョン・スカリー、マイケル・スピンドラー、ギル・アメリオ、ティム・クックという歴代CEO と直接仕事をした唯一の日本人、かつ世界中でただ一人のVP。

2004 年より、日本マクドナルド株式会社CEO となり、前任の創業者社長である藤田田氏が進めてきた戦略の包括的見直しを次々に打ち出した。

100 円マックの展開や不採算店の閉鎖などを積極的に行って収益基盤を強化、また、作り置きしない「メイド・フォー・ユー」の全店導入や地域別価格の実施、24 時間営業の本格化と矢継ぎ早に改革策を講じた。その結果、行き過ぎた安売りで失墜したマクドナルドのブランドイメージを短期間で建て直したとされ、就任前は7 年連続マイナス成長だったマクドナルドが2004 年の社長就任後は8 年連続プラス成長に転じた。

その数々の手法は原田マジックと評され、2009年12月には、その年、各分野で最も活躍した男性に表彰される「GQ Men of the Year 2009」の一人に選出、2011年10月には日本経団連の関連組織である経済広報センターより「企業広報経営者賞」を受賞。2014 年6 月にはベネッセホールディングスの代表取締役会長兼社長に就任。就任直後に過去に発生していた3000 万件余の個人情報が漏洩したベネッセ個人情報 流出事件が発覚、その危機管理対応を乗り越え、更に人事・組織に関する構造改革を 発表し、戦略実行のための組織を最適化するとともに販売管理費の削減、コスト構造の改革、事業基盤のデジタル化、商品・サービスのデジタル化を進めた。
2019年現在、数多くの企業のアドバイザーを務める。

モデレーター 那珂 通雅 氏

元シティグループ証券副社長、一橋大学大学院 非常勤講師、慶応義塾大学 講師

慶應義塾大学理工学部卒業し、1989年に理工学研究科工学修士取得。卒業後はソロモン・ブラザーズアジア証券に入社し、トップセールスマンとして活躍。その後、シティグループ証券の取締役副社長に就任。2010年に同社退社後、ストームハーバー証券を設立し、現在は同社の取締役会長ほか、一橋大学大学院の非常勤講師、慶應義塾大学講師を務める。著書に『世界で勝つグローバル人材の条件』(幻冬舎)がある。

English English 简体中文 简体中文 日本語 日本語