2019年6月11日 看護師が伝えるアーユルヴェーダ ~季節ごとの過ごし方 夏編~

爽やかな初夏を過ぎると、暑い夏が待っています。
夏は、気候も体内も熱が上昇する季節。
その一方で、室内や電車の中では、冷房が効いていたり、冷たい飲み物を飲む機会が増えたりと体が冷えやすくなります。
このように熱のバランスが乱れやすくなるため、体調を整えるのが難しい季節です。
アーユルヴェーダのセルフケアを取り入れて、生活スタイルを整えてみませんか?

前回の開催で好評でした【アーユルヴェーダ】企画の第二弾!
今回は【夏】がテーマ♪

アーユルヴェーダとは????

アーユルヴェーダは「東洋医学」に分類されます。
※東洋医学=身体が本来持っている自然治癒力

手術を施すことや投薬をして悪いところを治療する西洋医学スタイルに対して、東洋医学は全体のバランスを整えることを優先し自然治癒を目指します。
言わば、「自然に手を加える西洋医学」に対し、「自然を活かす東洋医学」と言われるそうです。

東洋医学はその人の全体を見てオーダーメイドでの根本的な治療を行います。
心と身体のケアを行い、自己免疫力を高めていきます。

東洋医学の方が、その人自身の治癒力を高めるため、
対処療法ではなく、根本的な治療に繋がる傾向があります。

病気にならないよう、不調にならないように
日頃のセルフケアはとても大切です。
重い鎧を脱ぎ捨てるためには、根本から改善する必要があります。

女性の関心が高く、女性向けととらえる方もいらっしゃいますが、
お仕事がお忙しい男性こそ、アーユルヴェーダに触れてみてください。

鈴木 眞理子氏

看護師として大学病院に勤務。手術看護認定看護師として、病院での勤務以外に看護学生や看護師への講義などを行ってきた。

手術を受ける多くの患者のケアをするなかで、予防医学の大切さを再認識。さまざまな食事法について学び始めると同時に、アーユルヴェーダやヨガに出会い、病院を退職。

2016年には、スリランカに約半年滞在し、アーユルヴェーダを学んだ。ヨガ歴は7年。
自分が経験したカラダやココロのさまざまな変化について、必要な人にシェアしたいという思いから、ヨガインストラクターになることを決意。

2017年 日本初アーユルヴェーダに特化したRYT200指導者養成講座終了。

開催概要

開催日時
2019年6月11日(火)19:00~20:30
参加費
500円(入居者:無料)

お電話でのお問い合わせ

0 1 2 0 - 7 5 3 - 3 6 1
受付時間:平日 9:00~18:00