ヘッダ画像

  • 第2回上場企業社長講演 ベネフィット・ワンの社長が語る”新規事業成功の秘訣”とは

    開催概要

    タイトル 社内ベンチャーから上場を果たしたベネフィット・ワンの社長が語る”新規事業成功の秘訣”とは
    内容 社内ベンチャーとして創業するも、最初の2年間は赤字で清算の危機を経験。その後、社内体制を大幅に見直して黒字転換し、資金調達・上場を果たされた後も、新規事業を次々に実現し、今では上場後に立ちあげた事業が営業利益の40%を占めるまでになっています。 危機を脱した舵取りとは。成功する新規事業の秘訣とはー。 質疑応答も交え、語っていただきます。 スタートアップ経営者・経営幹部はもちろん、今後起業を目指す方や企業内で新規事業に取り組まれる方にも是非お聞きいただきたい講演です。
    講演者 白石 徳生氏
    現職 株式会社ベネフィット・ワン 代表取締役社長 CEO
    経歴 1996年パソナグループの社内ベンチャー第1号として、株式会社ビジネス・コープ(現 株式会社ベネフィット・ワン)を設立、取締役に就任。2000年ビジネス・コープ代表取締役社長に就任。2001年ベネフィット・ワンへ社名変更。2004年JASDAQ上場、2006年に東証二部上場を果たす。 福利厚生サービスのみならず、インセンティブ、CRM、BTM、ヘルスケアなど事業の多角化を推進。2012年からは海外展開を開始し、アジア地域および米国・欧州に進出。現在、会員数は760万人を超え、福利厚生事業で培ったユーザー課金型のビジネスモデルを強みに、新しい「サービスの流通創造」を目指す